読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鷹のぼせの独り言

外科系医療者で3児の父親です。ご覧のとおりの“鷹のぼせ”です。医療、教育、書評、そしてホークスについて熱く語ります。

好調ホークス打線を引っぱる藤井バッティングコーチの勝負強さはハンパなかった!

前回、サヨナラホームランについて記載しました。

その際に日本のプロ野球界で誰が何本サヨナラホームランを打っているのか調べたところ、以下のデータを見つけました。

 

満塁・サヨナラ本塁打ランキング

 

サヨナラホームランの歴代1位は清原和博の12本、2位は野村克也の11本でした。ホークス王会長が8本の4位ですが、現ホークスの藤井康雄バッティングコーチがオリックスブルーウェーブ時代に7本打っており、日本プロ野球界歴代6位の記録でした。

藤井コーチはオリックスブルーウェーブの主軸を打っていた左の強打者でした。ホークスもかなり打たれた苦い記憶があります。

さらにすごいことに満塁ホームラン14本は、王会長の15本に次ぐ2位の記録でした。「満塁男」の異名を取った駒田徳広小久保裕紀元キャプテンが13本、元ホークスの門田博光が11本とのことですから、藤井コーチが現役の頃、いかに勝負強いバッティングをしていたかが分かります。

 

f:id:keittaey:20150621110442j:plain

 

2002年に現役引退後、オリックス2軍の打撃コーチ、スカウトを勤められました。コーチ時代にはT-岡田を育てたことでも有名です。

2010年シーズン終了後より秋山幸二前監督によってホークス1軍の打撃コーチに招聘されました。詳しいことは当時のナンバー誌に掲載されています。

 

number.bunshun.jp

 

就任後の2011年にはホークスは日本一となり、2014年にはシーズン後半苦しみながらも再び日本一となりました。日本一のチームのバッティングコーチなのです。

現在もホークスには松田、内川、イ・デホをはじめとして、柳田、中村など若手も第一線で活躍しています。今年はホームランテラスの影響もあるでしょうが、例年以上に打撃陣は好調のようです。

 

しかし長いシーズン、決していい時ばかりではありませんし、打線は水ものといいます。またいい投手はそう簡単に打ち崩せるものでもありません。

それでも藤井コーチのあの柔和な笑顔を見ていると、ファンは安心してしまうのです。

「今打てなくても、次はきっと打てる」と…

藤井コーチ、これからも好調ホークス打線をよろしくお願いします!

 

ちなみにコーチはブログも開設しています。タイトルは「グランドスラム」!

いいですね~。2014年開幕以来更新はしていないようですが(汗)。

藤井康雄オフィシャルブログ

 

 

keittaey.hatenablog.com

 

 

keittaey.hatenablog.com